削らずになが~い距離を書き続けられるメタルペンシル’metacil’

サンスター文具さんで発売前から話題になっていたメタシル

私も買いたかったものの転売ヤーに先を越されてしまい、買いそびれ

発売してからも転売ヤーに値段を吊り上げられ、買うかどうか悩んで悶々としてきましたが

先日、ついに店頭でメタシルが置いてあり、定価で購入ができたのでレビューしたいと思います♪

メタルペンシル’metacil’

メタシルについて

値段:990円(税込)メーカー:サンスター文具

芯まで金属の鉛筆なのに書ける、消せるがコンセプトのこちらの商品!

特殊合金芯になっているので、紙との摩擦で生じる合金と黒鉛の粒子が筆跡となるようです。

実際にこちらメタシルを使ってみたいと思います♪

実際に書いてみた

本当に書けるのか確かめてみたいと思います!

しっかりと書けました!今までにない新感覚ですね、これは!

書き心地は鉛筆なんですが、摩耗で鉛筆の芯がなくなっていく感覚が全くない!

それもそのはず!筆記可能距離が約1.6km!!!

そんな距離を書く人は大人になってからなかなかいないので想像できないですよね笑

距離だけのイメージでいくと、陸上競技場の一周が400mなので

4周分も一度に書くことができるという・・・!書くとなると果てしないw

強・中・弱それぞれ筆圧を変えて書いてみましたが、濃さはかなり変わってきますね。

濃さが2H鉛筆相当(当社比)※紙の種類によって濃さが変わるとのことでした。

私はマルマンのスケッチブックで書きましたが、正直もう少し薄いかなという所感ではあります。

HBと比較してみてみるとこんな感じなります!

比較すると分かりますが、少し薄いですね。

ただ筆記具としては申し分ないですし、なにより削らなくていいので便利すぎ!!!

小学生の頃はB以上を当時推奨されていたのを思い出しましたが、子供向けではなさそうですね><

当時先生に最近の子供は昔と比べて筋力が落ちてきてるから、HBはダメよって謎に言われたのを思い出しましたw

ただメタシルの便利さは間違いないので、特徴の削らずに書き続けられるという点を着目してみていきましょう!

鉛筆と摩耗度合いを比べてみた(検証)

マルマンのスケッチブックにメタシルと鉛筆を書いてみて消耗具合を確認してみたいと思います。

左側がメタシル、右側はHBの三菱鉛筆となってます!

これからスケッチブックいっぱいに書いていきます♪

書き書き書き( ..)φと画用紙いっぱいまで書いて消耗具合を確かめてみました!

こうやって書いたのを見比べてみると若干、薄さは否めないですがしっかり筆跡は確認できます♪

気になるポイントはペン先の摩耗具合がどうなのかですが、実際に確かめてみましょう!

どうでしょうか?鉛筆の方はかなり削れているのが分かりますが

メタシルは全く消耗してる様子がみられませんでした!

芯の摩耗が著しく少ないということもあり、長い時間書き続けられるのが素敵ですね♪

さて、ここで気になるのが鉛筆を削った際に一回で書ける距離どのくらいか…

鉛筆の一回に書ける距離とは・・?

マルマンの縦の長さが30cmで5cm余白を取って

25cmの長さを何回書けるのかを確かめてみたいと思います♪

10本線を書いてみた

とりあえず、10回線を引いてみました。

多少の線のはみだし具合は誤差としてご了承ください><

これで25cm×10回なので250cm(2.5m)ですね!

100本線を引いてみた

100本線を書いてみました!

25cm×100本=2500cm(25m)

まだ鉛筆の芯を見て分かる通り、全然書けそうですね♪

削れてるなというのは分かりますが、これだったらまだ鉛筆削りを使う人はいなそう・・・

200本線を引いてみた

これで200本線を書いてみました!

25cm×200本=5000cm(50m)

50m書くとかなりぎりぎりかなというラインですねw

私だったらこの時点で鉛筆削りを削りたい気持ちになりますが、まだ書けるので続行してみましょう!

300本線を引いてみた

これが最後になりそう、、300本線を書いてみました!

25cm×300本=7500cm(75m)

見ての通り、これが限界ですね。

これは筆圧や紙の種類にもよるので個人差はでるとは思いますが

大体の鉛筆削った後の1回で書けるおおよそ距離は75mくらいというのが分かりました!

陸上競技場の400mトラックでいうと1/4は届かない程度ですね><

ということは・・・!

感想

鉛筆が一回で書ける距離は75mそれに対してメタシルは1.6km

なのでメタシルなら残21.3倍分、一度に書くことができるんです!!!

濃さは若干物足りないものの、鉛筆をなが~く一度に使えるという

近未来的な文具が生まれたのは本当に凄いですし、文具の進化を感じますよね!

鉛筆を使う機会は大人になってからあまりないからこそ、便利文具のメタシルを一度試してください♪

投稿者: Fumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)