アウトドアのお供に最適なメモ帳 ”タグド”

皆さん、ポッケに紙を入れたまま洗濯したことありますか?

やってしまったことがある人はわかる通り、紙が破れたり傷んだりして大変なことになりますよね・・・

今回ご紹介するメモ帳は耐洗紙(たいせんし)で逆に味が出てくるという優れもの・・・!

アウトドアが趣味な人は必見!こちらをぜひお供にと想像を膨らませてみてください。

TAGGED(タグド)

一見、おしゃれな普通のメモ帳にみえますが、耐水性に優れている紙が使われています。

クリーニング屋さんに洋服を預ける際に見かける、謎の番号が割り振られてるタッグ…分かりますかね?

客の洋服を識別するために番号が割り振られているあれです!

スーツをクリーニングした時によくハンガーについてますよね。

タグドはこちらと同じ紙が使われています。

あのグッドデザイン賞(2016年度)も受賞したこともあって、本当に優れものなんです!

実際に使ってみた

持ってみた感想としてはくびれがあるので、片手で握りやすいのが特徴!

左上にホールがあるので、リュックやズボンに付けることができ、実用性も非常に高い!

かつシックな色合いのため、人を選ばず誰にでも合いそうなデザインです♪

こちらゲルインクで書いてみましたが、非常に書きやすい

インクもすぐに染み込んでくれるので、書いてて色移りの心配もなさそうです。

ホールがあるので左右で開き具合が違います。基本左に合わせており、切れ目があるので破ることもできます。

ぺりぺりぺりと簡単に力を入れずに破ることが出来ます

切れ目が非常に細かいためか、綺麗にまっすぐ切り離すことが可能です!

こんな感じですね!外で作業とかしてて、買ってきてほしいものを

買い出しでお願いする時に書き出して、切り離して渡すという使い方もできそうです♪

ここで改めて思うのが、実用性はあるけど本当に洗濯しても大丈夫・・・?

半信半疑にもなるので、実際に洗濯してみて確かめたいと思います!

これは過剰な広告文なのでは…?と少し疑いつつも実際に試してみることに・・・

実際に洗濯機に入れて確かめてみました。

※洗濯機の中ってあまり見せれるものじゃないので、モノクロにしました汗

実際に洗濯機に入れて確かめたいと思います。

ポッケに入れてやってもよかったですが、洗濯時に万が一ポッケから出てしまった場合を

想定して普通にそのままタグドを洗濯機の中に入れてみたいと思います。

書いてちぎった紙も入れてどんな感じになるのか様子を見ていきます・・・!

ちなみに今話題の服を傷つけないように優しく洗浄してくれるという

最新の洗濯機ではないので、かなり中は激しく洗濯してると思います笑

それでは洗濯が終わったので、取り出してみてみたいと思います・・・(恐る恐る)

バラバラになってない!しかもなんか味がでてる!?

ダメージ加工のようなテイストになり、多少反りはあるもののおしゃれになりました笑

本当に耐洗性があり、洗濯機に入れても大丈夫でした!これは凄い!

これ回す回数が多いほど、しわが出来てビンテージ感が増すそうです笑

ちなみに洗濯を10回まわしたらこうなるらしいwww(店舗用サンプル)

もはや100年の歴史を感じるくらいのダメージ加工になりましたねw

あくまでアウトドア用として汗や雨等に強いというのが主のため普通に使ってあげてください!

ちなみにゲルインクで書いた紙はというと・・・

滲むことなくしっかりと文字が認識できますね。

そのためタグド付きの洋服をそのまま洗濯しても全く問題なさそう。

ただしわは増えるので、実用性とデザイン性のどっちを取るのかは使う人次第かな

感想

実際に使ってみて、本当に耐洗性があるというのはびっくりしました…!

紙は水に弱く、濡れてしまうと傷んでしまいますが、タグドはむしろ味が出る!

仕事上、外で作業する方はホールに通せばいいだけなので毎日愛用するのもありですね。

一応、水性でも書けますがそれ以外を推奨しているためゲルインクか油性をお使いください!

私もアウトドアはバレルサウナが好きなのでたまに行ったりしますが、汗や水に強いというのは

サウナとも相性が良さそうなので、アウトドア用のお供として相棒に加えたいと思います♪

投稿者: Fumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)