自分色にカスタマイズ-巻けるグリップ-“マイティグリップ”

テニス・バトミントン・スカッシュをやってる方必見!

グリップには誰よりもこだわりが強い、それを文具にも活かしてみませんか?

シャープペンシルのグリップも自分で巻ける時代になったんです!

そんな愛着のあるペンを使ったら、勉強もより捗ること間違いなし

相棒のラケットだけじゃなく相棒のペンもこの際に見つけていきましょう!

ということで・・・笑

こだわりのペンを自分でカスタマイズしたいという方

今使っているペンがしっくり来ていない方もぜひご覧あれ

マイティグリップ-MYteeGRiP-

筆記用具で有名なゼブラさんのシャープペンシルとなっております。

巻けるグリップのシャープペン “うまく書ける、自分だけのグリップ”

というのがコンセプトのこのマイティグリップ

長時間書くから、指が疲れる・痛い、グリップ部分がベタベタする、手汗で蒸れる

グリップ部分にゴミがついて汚れる等といった不満を解決すべく生まれた商品です!

実際にみていきますと右側は本体、左側はグリップが入っています。

取り出してみるとこんな感じ!

ペンのグリップ部分が骨組みだけになっているので

これからしっかりとカスタマイズする必要があります!

これだけみたら非常に華奢ですよね、、でもこれからカスタマイズしていくという楽しさが待っております笑

まずはグリップバンドの端がテープになっているのでこのようにぺらーとはがしていきます。

このグリップバンドはテニスなどのスポーツ用品メーカーで有名な株式会社キモニーさん

マイティグリップ専用のグリップバンドを製造してるんです♪

しっかりグリップ部分をみるとちゃんとしてますよね。

テニス、バドミントン、スカッシュをやっているこだわりの強い人からしたらたまらないですね。

さほどのグリップ巻でこだわりがない限りは、星の目印のところから始めて

グリップバンドを引っ張りながら重ねて巻いていきます。

ガイドラインがあるので、そちらに合わせていけば綺麗にできます。

こちらを巻く際はぎゅーとしっかり巻いていくのがポイント!

こんな感じですね。

幅は均等にしてもよし、すこし持ち手の部分だけ狭く巻いてもよし!

端がシールになっているだけなので、しっくりこなかったら何度でも巻き直しも可能です♪

巻き終わったのがこちらです!

最後にグリップバンド留めリングを被せてしっかり固定すればOK

特にグリップにこだわりがある人もそうですが

正直一つだけのグリップだと巻き足りなさもあるので、、、

そんな時は追い巻きがおすすめです!

マイティグリップ専用グリップバンドがだいたい200円弱で売っているので

1,2つ買ってグリップ部分をより太くすることもできます♪

専用グリップも全部で5種類(水色、ピンク色、黒色、黄色、白色)があり自分色に仕上げることが可能です!

私の所感としては1つだけだと正直物足りないです、、、全然書く際に安定して書くことはできますが

グリップのあのふわっと手になじむようにするためにはもう2巻するくらいが丁度よさそうです。

実際に書いてみると…

何度か巻き直してグリップ部分も調整したので

非常にしっくりきて書きやすいのと疲れにくい!

あの世界の錦織さんも愛用しているテニスメーカーとあってグリップの質も天下一品です。

本体の色は全部で3種(水色、ピンク色、黒色)

先ほど紹介した、黄色と白色は限定色なのであったらラッキーですね!

市販のペンだとなんだかグリップ部分がしっくりこない…

手汗をかきやすい、、しっかり握りたい、、なんて思っていたら

遊び心もあり、実用的なマイティグリップをぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

近くのホームセンター、雑貨屋、文房具屋さんにいけばあるのでご覧あれ!

投稿者: Fumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)