カード類をリングノートにささっとまとめよう “リングリーフ”

手帳やノートなど皆さんどんな種類のものを使ってますか?

大きく分けて綴じノートとリングノートがあると思いますが

どちらも使っているよーという方が恐らく大半ではないでしょうか。

 

今回は後者のリングノートを使ってる方必見!

日々生活をしていると、仕事の書類や資料だけじゃなくチケットや写真、カード等

様々な情報が身の回りに散乱してきますよね・・・

 

もしも普段リングノートを使っていたら

こんな簡単に一元化できるのか!?というありそうで今までなかった

文房具をカンミ堂さんが開発したのでご紹介します!

 

RING LEAF(リングリーフ)

可愛らしいデザインで、非常にコンパクトサイズなリングリーフ。

筆箱の中に入れても場所を全然取らないので、非常に実用的ではあります。

 

このリングリーフですが素敵なコンセプトがあり

カードや書類がリングノートに自由につながるというなんとも魅力的な商品になっております。

そのコンセプト通り、とっても機能性が高いんです!

 

使い方はいたって簡単!

まずは台紙からリーフノートを切り離します。

 

そして一片だけをぺりぺりっとはがしていきます。

使う際は一枚リングから切り離します。

リング輪は切れ込みが入っているのでスムーズに付け外しが可能です。

 

はくり紙をはがすとふせんのり付きフィルムになっているので、ぺらっとおもて面をめくります♪

綺麗にこんな感じでぺらっとはがすことができます。

 

そして接着したいカードの裏面にぺたっと

こんな感じに境目を目印に綺麗に貼っていきます。

裏面はこのようにシールのはった跡がはっきりと分かりますが

 

おもて面から見たらこんな感じになります!

粘着面はみえないので、見た目はとっても綺麗です♪

 

できたらリング部分を3つのリング穴に通していくだけ!

ページを隠さずにノートの1ページのようにすっきりと保管できます

小さいメモ帳のリングに貼ってしまったので、はみ出てしまってますがw

ちゃんとサイズを選んでリングに通せば見た目は綺麗に管理できます!

 

使い方は様々ありますが、手書きの内容とセットでカード類をうまくまとめられるので

私だったらいつも使っているお散歩マップに行ったお店の名刺を一元化してまとめてます♪

イメージはこんな感じで左側はマップ、右側は名刺のように管理できるんです!

※リングの種類が特殊な場合うまく合わないこともあります。

これは例でやってますが、このようなスパイラル式のリングノートだと幅が合わないです・・・

ただJIS規格/ISO規格の両方の穴の間隔に対応しているので

基本的にはほぼすべてのダブルリングノート・ルーズリーフバインダーで使用することができます。

 

またつなげたいのが大きな書類でもあっても大丈夫です!

A4書類などはパーツを2片使えば安定してつなげることが可能です。

 

女子力が高い人でリングノートや手帳に日記を書いていたら

時系列でその日行ったアーティストのチケットやチラシなどを挟むこともできますし

旅行の思い出として写真やプリクラをリングリーフで貼って思い出に浸るのもよきです。

日常的な使い方としては視覚的にそのようなアイテムを貼ることによって整理することができるのは素敵ですよね!

 

ビジネスシーンでは名刺をうまくまとめたりと使い方は多種多様です♪

今はエイトとかで管理する人が多くなってきたかと思いますが、手帳で比較的管理するという方であれば

後半のメモスペースに名刺をぺたぺたと備忘録的な使い方をして忘れないうちに日時、商談内容を書き留めていくのもよきかと!

 

リングリーフは、日々の記録づけをもっと便利に快適にしてくれます。

 

色は全部でミズイロ、キイロ、モモイロ、トウメイの4種類あります!

そして値段も400円前後なので非常にリーズナブルになってます。

みなさんはリングリーフを使って、なにをつなげてみますか?

投稿者: Fumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)